Everything has meaning

Everything has meaning

たくさんの情報が溢れる世の中で文系大学生の必死にもがく様子をお届けします。

僕は、生きてます。

f:id:makurohirata:20171004010133j:plain

f:id:makurohirata:20171004010122j:plain

うぉぉぉぉぉぉぉおおおお!!!

 

 

f:id:makurohirata:20171004010007j:plain

こちらのカエルは死んでいます。

お久しぶりです。

僕は、生きてます。

 

 

前回の更新から200日

長らくお待たせしました。

 

 

いや〜サボってました。。。

記事を書こう書こうと思い続け、10月に突入していた次第です。

  

何やってたの?

f:id:makurohirata:20171004010449j:plain

私は現在ベトナムはハノイにいます。 

 

makurooo.hateblo.jp

 

3月からハノイの日系企業で広告営業としてインターンをしています。

 

最初の1.2ヶ月は仕事を覚えるのに必死。

その後は営業成績を追い求めるのに必死。

 

気がついたら半年経過していました。

 

 

今後の方針

f:id:makurohirata:20171004005856j:plain

こちらもハロン湾

今後は3月から今まででの出来事や学んだことなどをシェアしていければな〜と思ってます。

 

バイクを運転して事故ったこと。現地人にお金を騙し取られたこと。ベトナム人女性とデートにいったこと。などのハプニング?系から、

 

日本人と外国人営業の違い。海外に住む日本人の分類。海外で働くこと。など日本では絶対に気が付かいないことなどなど

 

 

それでは!!!

世界がオモシロイから僕らは動く。

しゃっす!どうもまくろ@makuroblogです!
 
 
最近世界のきれいな景色や絶景の写真を見るのにハマっています。
寂しいですね。はい。
 
 
突然ですが、あなたには人生を変えた本はありますか?
 
私はあります。
 
日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

 

 

それがこの本です。
 
 
タイトルから良本感がでていますよね?笑
今回は私の人生を変え、海外インターンに行く後押しになった本を紹介します。
 
 

日本は素晴らしい国だ

 
よく海外に出ろ!や海外で挑戦しろ!ということを説く本では日本をディスっています。
 
日本のマーケットは小さい。恵まれてるから日本人は行動力もなく危機感もない。これからの日本はやばい。アジアなどの海外に目を向けろ。などなど
 
ホントによく見かけます。
 
 
最近だとホリエモンの「君はどこにでもいける」です。
君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

 

 

この本も良書でした。
 
しかし、先ほど言及したような内容がメインでしたね。
アジアの物価がどんどん上がってきているのにほんの円の価値は変わってない!
 
アジアに追いつかれるぞ!
日本をオワコン!
 
 
たしかに日本の国力は必ず低下していくでしょう。
少子高齢化で2050年には人口が8000万人まで下がり、若者の数も減るので外国の労働力なしでは維持できるかどうか。とも言われています。
 
だから私は別に悪いとは思いませんが、最後には「日本のことを知るのも大事」とお決まりの文句が、、、
 
せっかく書いてある内容は良いものなのに日本も好きな私にとっては残念に思える本もあります。
 
 

海外がオモシロイから僕は動く。

 
このキャッチコピーにはビビットくるものがありました
 
今まで書いてきた本に違和感を覚えていた理由はこれだ!と思いましたね。
別に日本がダメなわけではありません。
 
 
海外がオモシロイから海外に出ていくのです。
 
私はベトナムでインターンしています。
 
それはベトナムという国に惹かれたからです。 
私はベトナムには高校3年生のころにもいったことがありました。
そんな中でベトナムでの生活スタイル・ご飯・現地民の雰囲気がとても好きになりました。
 
 
決して、日本がクソだったわけではありません。
将来は日本で暮らしたいとも思っています。
 
 
海外がオモシロイからインターンにきたのです。
 
 
 

君が海外に行く理由はなんだ?

 
 
 

まとめ

どうでしたか?
 
本の構成としてとても読みやすくなっているのでおすすめですよ〜
あわせてホリエモンの本も読んでみるといいと思います。
 
この本を書かれた太田英基さんは他にも本を書いています。
 
気になる方はチェックです!
 

 

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない (幻冬舎文庫)

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない (幻冬舎文庫)

 

太田さんが世界一周したときの旅行記です。

 

捉え方によっては日本と海外について深く考えさせられる本です。 

 

フィリピン「超」格安英語留学

フィリピン「超」格安英語留学

 

 まだ読んでません笑

 

フィリピン留学には興味があるけどお金ない、、、 

 
 

P.S. 

学歴コンプの賢い生存戦略

しゃっす!どうもまくろ@makuroblogです!
 
 
私は大学二年生で休学しています。 
帰ったら三年生として大学に戻ります。
 
大学生を二年間やってきた中で気づいたことがあるのでシェアします。
 

学歴は1つの指標でしかない。

 
私は前回の記事でも書いたとおり、第一志望校にはいけませんでした。
本当は慶應大学に入ってパリピなキャンパスライフを送るつもりだったのです。
(今と正反対の生活ですね笑)
 

 

 
言い方を変えれば仕方なく明治大学に入学したのです。
 
まぁ最初は学歴コンプでした笑
 
 
ちなみに明治大学の学生の構成比はこんな感じ。
f:id:makurohirata:20170313001407p:plain
 
 
早稲田大学を受験していないものの、周りの学歴コンプが多いので自然と学歴をめちゃくちゃ気になります。
 
会う人会う人の学歴だけを気にしていました。
 
  • 慶応生だからすごい。
  • 早稲田生にはかなわない。
  • 国立はやばい。
  • マーチ以下はカス。
 
なんて考えながら生きていきました。(まじで)
 
でも一歩大学の外に出てみたら驚くことがあるのです。
 
  • マーチ以下でも学生団体の代表
  • 高卒で起業されている方
  • 同じ明治でクラファン成功して日本一周している人
  • 日大でNPO法人を立ち上げて学費を自分で払っている人
 
学歴は一つの指標でしかありません。
 
偏差値が高い大学のほうが優秀な人が入る確率が高いだけです。
 
第一志望校に行けなかっただけで人生は終わりません。
てか、終わらせてたまるか。
 
その悔しさをバネに逆転しましょう。
 
いくらでもチャンスは転がっています。
掴みましょう。
 
 

外れても居場所はある。

 
大学に入って思ったこと。
 
合わねーーー。
 
 
明治でもパリピな生活を送ろうとしました。
でも合わないんですよね笑
 
大学では一見ウェイがカーストでは一番上にくると思われています。
私もそう思っていました。
 
でも大学は違います。
合わない人とはつるまなくていいんです。
 
こんな幸せな世界はないでしょう。
仕事をするとなると嫌な人とも仕事はしなくてはいけません。
 
みんなと同じ道を外れても、居場所はあるのです。
合わないと思ったら絡まなくていいし、休学したっていいんです。
 
自分の気持ちに反して生活しても何のメリットもないですよ〜
 
さぁ道を外れましょう。
 
 

 リスク志向な人とはつるむな

 
大学には色んな人がいます。
あなたにとって良い人と悪い人がいます。
 
その基準の一つとしてリスク志向がどうかです。
 
リスクを取ることが怖い人とはつるんではいけません。
 
何をやるにしても最初にリスクを考えます。
1にリスク、2にリスク、3にリスクです。
 
やろうとする理由をそいできます。
あなたが普通の日本人ならば流され続けます。
 
リスク志向の人といると行動できない大学生の完成です。
なにもチャレンジしないので特徴もクソもありません
 
まじでオススメしません。
 
チャレンジ精神旺盛の人といると楽しいですよ。
失敗しても大学生は成長につながります。
 
30代で失敗すると人生が終わります。
 
大学生の特権は「失敗できる」ことです。
チャレンジ→失敗→チャレンジ→失敗の繰り返しが人を成長させるのです。
 
すぐにリスクや安定を考える人とはつるんではいけません。
 

まとめ

 
時期的に大学に入学する新入生がtwitterにはびこり、大学に幻想を持って入学します。
そして一部の人間が違和感を感じるでしょう。
 
安心してください。
同じ人は一定数います。
 
大学をうまく利用して成長しましょう!
 
 
でわ!!!
 

P.S.

インターンの関係で土日に記事を書いています。
 
更新頻度がばらばらになりますが、よろしくです。

 

なんだかおかしいぞ日本の就活

しゃっす!どうもまくろ@makuroblogです!
 
ベトナムに来て一週間たちました。
 
時差はありますが日本でもベトナムでも春が近づいています。
日本の就職活動を考えたときにふと何か変だぞと思ったので書いています。
 

日本と中国の就職希望ランキング

f:id:makurohirata:20170311231934p:plain

 
こちらは2017年度卒の就職希望ランキングです。
日本人なら誰もが知っているであろう大企業が名を連ねています。
 
あなたもこの中に就職したい企業があるかもしれません。
やっぱり大企業には憧れますもんね笑
 

f:id:makurohirata:20170311233043p:plain

(中国の大学生の人気就職先ランキング(2016年)【文系・理系】 | Factbox より引用)

 

こちらが2016年度に中国の大学生による人気就職先ランキングです。

国が違うので知らない企業もありますが、アップルだど世界的に有名な企業もあります。

またこれは文系を対象としていて理系のランキングにはGoogleなどもランクインしています。

 

さて、このランクインから何を感じましたか?

 

私たちの活動範囲は日本だけなのか?

もう一度ランキングを見てみてくだい。

 

そうなんです。

日本のランキングには日本の企業しかないのです。

 

中国のランキングにはアーンスト・アンド・ヤングやプライスウォーターハウスクーパースはロンドンの会社です。

シティ・デロイト・アップルはアメリカの会社です。

KPMGはオランダの会社です。                   

 

おかしいと思いませんか?

隣の国というだけでこうも変わってしまうのでしょうか?

 

自分の活動範囲を日本だけで見ていませんか?

 

ぼくらは自由です。

日本に生涯すまなければならない法律もありません。

 

誰も縛っていないのに勝手に縛られているのです。

 

世界を視野に入れましょう。

 

 

世界基準で考えることができるようになれば日本でも必要とされます。

 

日本人はもったいない

自国でくすぶるのはやめましょう。

 

  • 日本で評価されなくでもいいじゃないですか。
  • 日本で変人と言われてもいいじゃないですか。
  • 日本で周りと違う道に進んだっていいじゃないですか。

世界ではあなたを必要としている人がいるかもしれません。

もったいなさすぎる。 

 

せっかく何か考えたのなら、まず世界基準でできるかどうか考えてみましょうよ。

それが真のグローバル化なんじゃないですか?

 

 

まとめ

どうでしたか?

 

他国の就職事情を調べていたときに気が付きました。

この記事を読んでいるあなたも大学では「変な人」かもしれません。

 

でも恥じる必要はまったくありません。

夢や目標に向かって走っている人を笑っているやつは無視しましょう。

 

わからない人はわからないんです。

すべての人に好かれようとしないでください。

 

大学に不満や疑問を感じている人の後押しにでもなれば私のブログにも意味が生まれてきます。

 

でわ!!!

 

P.S. 

私も大学で休学という道を選びベトナムにいます。

 

少し外れてるぐらいがちょうどいいですよ〜 

makurooo.hateblo.jp

 

 

お金の使い方には3種類あります。

しゃっす!どうもまくろ@makuroblogです!

 

いつも通りベトナムからの更新です。

f:id:makurohirata:20170304211704j:plain

車でホテルに向かう途中の写真ですが、まぁバイクだらけ笑

 

私もこの中で運転するようになると考えると、さすがに不安です。

 

 

さて、以前私はマーケティングサークルに所属していました。

 

【宣言】海外インターンにいきます。 - Everything has meaning

この記事で少し触れています。

 

そのサークルでは私で出会ったコンサルの方とのお話を思い出したので、書いています。

コンビニのおにぎりや書籍や飲み会などお金の使い方は人それぞれです。

 

その中でも何にお金を使うかなやんでいる方には読んでほしいな〜

 

お金の使い方には3種類ある。

f:id:makurohirata:20170304204340p:plain

お金を払って何かを得るわけですが、

 

  • それ以上の価値を得られるのが投資
  • 同等の価値を得られるのが消費
  • それ以下の価値を得られるのが浪費

 

この三種類です。

 

例えば上で書いた「コンビニのおにぎり」「書籍」「飲み会」を分類すると、

 

  • 書籍→投資
  • コンビニのおにぎり→消費
  • 飲み会→浪費

こんな感じですね。

 

稀に例外がありますが、基本的にこれに当てはまると思います。

(書籍がクソ。飲み会で仕事がきまる。など)

1000円で買ったビジネス本が何も生み出さない場合もありますし、3000円の飲み会で10万円報酬の仕事が決まる可能性もあります。

 

あなたはどのくらい投資できてる?

さてここ3日間のお金の支出を思い出してみましょう。

 

いくら使ったかは人それぞれですが、どのくらい投資に当てていますか? 

 

まったく自分の投資していないのならば問題です笑

 

浪費を下げて投資を上げるようにしましょう!

(まるで売上を上げて経費を下げるように笑)

 

 <point>

浪費もときには必要。 なはず笑

浪費が常に悪者扱いされがちですが、私は浪費も必要だと思います。

世間では一般で気に浪費に当たるであろうPS4でも、私にとってはストレス解消や一時的にすべての物事をシャットアウトできる時間です。

 

問題なのは「バランス」だと思います。

 

浪費しすぎるのも良くないし投資しすぎるのも良くないです。

自分にとってちょうどいいラインを見つけましょう。

 

その際は友達や家族に聞くべきです。

思った以上に自分は自分をわかっていませんからね。

 

これって時間の使い方にも当てはまるよ

少しかぶりますが「時間」にもこの使い方は当てはまります。

 

私はベトナムで一年間という期間を過ごすことを決意しましたが、私の人生の中では確実に投資だと考えていますし 、両親もそう思ったから後押ししてくれたと信じています。

 

大学の授業は一コマ=3000円くらいかかるという情報がtwitterで流れたこともありましたが、必ずしも大学の授業に出ることが正義ではありません。

 

90分の時間で何をするのかは自由です。

その時間で将来的に3000円以上の価値を見いだせるようなことをしてればいいのではないでしょうか???

 

 

まとめ

これからのお金や時間の使い方には気を使っていきましょう。

ゲームは辞めません笑

 

このブログは投資であると信じて続けていきます。

 

 でわ!!!

  

P.S.

今回の話は出発前に資料整理していたら思い出しました。

 

過去の記事や資料にたまに目を通すと再確認することがあるようです。

 

そろそろベトナムでの仕事の記事も書きたいの〜

初心者が知らなければならない教訓

しゃっす!どうもまくろ(@makuroblog)です!

 

ベトナムから記事更新です。

 

3日からハノイです。

ハノイはいいところですよ〜

 

明日から本格的にインターンの仕事が始まるのでワクワクです。

 

さて、記事を更新してみて思ったことがあります。

 

 

あなたはのどちらを大切にしていますか?

 

 

どちらも大切にあるのは当たり前ですが優先するのは?という質問です。

 

ブログは完全に量>質

私は完全にです。

 

質を求めている人はテッペンか最底辺のどっちかだと思います。

 

量をこなさないと成長しません。

これって当たり前の考え方なんですけど、いざ自分のことになると忘れている場合がとても多いです。

 

私も頭では理解していても少し前までは質を追い求めていました。

 

まずは記事を量産すること

ここから始めましょう。

 

  • 100%の記事を1本
  • 70%の記事を3本

 

後者のほうが圧倒的によいです。 

 

なぜなら、その%はあなたから見たものだからです。

あなたがブログのエキスパートなら問題ありません。

 

しかし、私と同じような境遇ならば考えを改めましょう。

素人の考える100%なんて、たかが知れています。

 

まずは記事を量産していきましょう。

そのうちにどれが伸びて、どれが伸びないのかコツカン身につきます。

 

素人が持っていてプロが持っているのはこれじゃないでしょうか?

 

それが身についたなら質を追い求めるのいいかもしれませんね。

 

これは他の分野にも言えること

私はこれから本格的にベトナムで営業を始めるでしょうが、追い求めるのは当然です。

 

一回一回のアポイントを大事にするのもいいですけど、まずは数当たって慣れましょう。

きっとブログに限らず、他の分野にも言えることでしょう。

 

 

あなたも素人のくせにかっこよく質を追い求めていませんか?

 

もう一度考え直しましょう。

 

まとめ

あなたはどちらを追い求めていますか?

 

あなたの現状を照らし合わせて考えてみてください。

 

量 is top proprity.

 

(英語で締めるとかっこいいよね。)

でわ!!!

 

P.S.

ハノイはいいところですよ〜(2回目)

 

ぜひこの一年間で立ち寄る際は連絡ください笑

案内しますよ〜

 

気付かさせてくれた記事はこちら→

プロ|セールスライティング|ブログ|The_Response ザ・レスポンス

 

まだ私がベトナムにいる理由を知らないならこちら→

【宣言】海外インターンにいきます。 - Everything has meaning

 

道を外れるって価値のあることだよ。

しゃっす!どうもまくろ(@makuroblog)です!

 
インターンまで残り2日!
 
買い物などで忙しい中更新しています。
 
 
さて今回の内容はブログを始める前から思っていたことをシェアします。
 
 

道を外れることの面白さ

 
私は3月から大学を休学してベトナムでインターンをしてきます。
 
周りの大学生や友達を見てみてもあまりないケースかなと思います。
仲介企業によると長期間で海外インターンに参加する学生は年間で1000人しかいないらしいです。
 
まぁこれが本当の数字かは置いといて肌感的にも海外インターンに参加する人は少ないはずです。
 
もしかしたら休学自体が珍しいという人もいるかもしれません。
普通に4年間で卒業して就職するのが一般的ですよね。
 
でも私はその生き方が嫌いです。
 
 
 

我々は常識にとらわれている。

 
私たちは気づかないうちに「常識」という悪魔に縛られながら生きています。
 
  • 大学を4年間で卒業する
  • 海外行くなら留学
  • 卒業したらとりあえず就職する
  • 社会に出たら遊べないから今のうちに遊んでおく
 
すべてあなたが決めたわけでもないのにこのような常識に流されて生きています。
 
 
でも、これってすべてマジョリティーなんですよね。
 
すでに存在するコミュニティーを抜けることには抵抗があります。
 
私もそうでした。
仲のいい友達と一緒に進学することをやめて受験する。
 
今回の海外インターンもそうです。
 
大学を休学するので卒業が一年遅れます。
当然、今まで仲良かった友達とは会う回数も減るでしょう。
 
復学したらどうしようとか考えました。
友達いないし、授業どうしよう、一人で大学行くのもやだな〜
 
 

外れてみると新しい世界が見える。

 
でも実は外れた先にもコミュニティや友達はたくさんいるんですよね。
 
同じ大学で同じ学年で同じ学部の人にも出会えました。
学生でブログをやっている人とも出会うことができます。

 
 
きっとベトナムに行ったら同じような境遇の学生にも出会えるでしょう。
 
でもこれってすべて道を外れてみた結果なんですよね。
 
ブログを始めてなかったら一生で合わなかったでしょうし、海外インターンを決意してなかったらインターン先の先輩やお世話になる方々、仲介企業の方々とは会うことはなかったでしょう。
 
道を外れるてみると新しい世界があってちゃんと受け入れてくれる人はいるんです。
 
 

他人の目なんか気にせずにやりたいことをやるべき

 
私は人一倍他人の目を気にします。
 
だからこそブログを始めたいと思ってから実際に始めるのに半年位かかりました笑
ブログやってるのがバレたら気持ち悪がられそうとか馬鹿にされそうとか思っちゃうんですよね。
 
きっと一歩踏み出せない人っで同じことを思っている人はたくさんいるでしょう。
 
でも私は声を大にして言います。
他人の目なんか気にせずにやりたいことをやるべきです。
 
あなたも小さなことでもいいから一歩踏み出してみましょうよ。
踏み出せは今まで知らなかった世界があることに驚き、より頑張りたいと思えるようになります。
 
マイノリティーにこそ価値がある!
 
 
 

まとめ

道を外れましょう。
 
私の場合はブログと海外インターンです。
 
あなたの場合はなんですか?
 
 
でわ!!!
 
 

P.S.

 
いろんな人とあって話したいと思った矢先にベトナムです笑
 
悲しいけど私の人生にとって必要な期間なので、頑張ります!